名曲解説:ヴィヴァルディのフルート協奏曲『ごしきひわ』

名曲解説:ヴィヴァルディのフルート協奏曲『ごしきひわ』

ニャンチーニ教授

クラシックの名曲解説…
今回はアントニオ・ヴィヴァルディフルート協奏曲第3番『ごしきひわ』を紹介します!

クラーニャ

作曲家の紹介

作曲家データ
名前アントニオ・ヴィヴァルディ (Antonio Vivaldi)
誕生1678年3月4日(イタリア、ヴェネツィア)
死没1741年7月28日(オーストリア、ウィーン)
ジャンルバロック
職業作曲家、ヴァイオリニスト、司祭
ヴィヴァルディはバロック期を代表する作曲家。ヴァイオリニストとしても有名で、演奏旅行でヨーロッパ各地を周ったりもした。

残した作品の数は600をゆうに超える。ジャンルの幅も広いが、そのほとんどが協奏曲。生前はオペラの作曲家として有名だった。

速筆が自慢だったらしく、「写譜屋が写譜を行っている間に、協奏曲の全パートを作曲できる」と豪語していたらしい。その痕跡は荒れた筆跡が残された自筆譜で確認できる。

カトリックの司祭でもあったヴィヴァルディは、赤毛だったことから「赤毛の司祭」と呼ばれていた。ピエタ慈善院という施設で少女にヴァイオリンを教えていたこともあり、その少女達の楽団はヨーロッパ中から聴衆が詰めかけるほど人気だった。(元祖アイドルプロデューサー)

ヴィヴァルディはバロック時代が終わると、ほとんど演奏されることがなくなった。再評価されるきっかけになったのは、20世紀初頭にフリッツ・クライスラーが発表したヴィヴァルディの様式による協奏曲といわれている。この曲によりヴィヴァルディは再度注目を浴びることとなった。

ニャンチーニ教授による解説

楽曲データ
曲名フルート協奏曲第3番『ごしきひわ』
作曲者アントニオ・ヴィヴァルディ
作曲年不明
出版1728年
演奏時間約9分
作品番号RV 428、Op.10-3
ジャンル弦楽合奏曲

スズメみたいな鳥がテーマのフルート協奏曲

ニャンチーニ教授

フルート協奏曲『ごしきひわ』フルート協奏曲集作品10の第3曲じゃ。タイトルのごしきひわは鳥の名前じゃよ。この曲にはこの鳥の鳴き声を模した音が入っているのじゃ
カッコウはよくモチーフにされるけど、ゴシキヒワは珍しいですね

クラーニャ

ゴシキヒワってどんな鳥?

ニャンチーニ教授

ゴシキヒワ(五色ヒワ)はヨーロッパと北アフリカ、中央アジアに生息するスズメに似た鳥じゃ。日本にも時々、迷い込んで飛んでくることがあるようじゃな。ペットとしても人気があるから、逃げた鳥の可能性もあるがのう
Goldfinch: Panasonic SDR-S26

見た目もそうだけど、鳴き声がすごく魅力的ですよね

クラーニャ

キリスト教にとって重要な鳥

ニャンチーニ教授

ゴシキヒワはキリスト教において重要な鳥なのじゃ。受難の象徴とされるアザミを食べる鳥だからなんじゃな。ヴィヴァルディは司祭でもあったから、この鳥をモチーフにしたのかもしれないのう
へー、そんな意味があったんですね

クラーニャ

楽曲構成は3楽章制

ニャンチーニ教授

この曲は3楽章制じゃ。全章を通してフルートがゴシキヒワの鳴き声を奏でているぞ。一部ではヴァイオリンも鳴き声の真似をしておるな
  • 第1楽章:アレグロ(快活に速く)
  • 第2楽章:カンタービレ(歌うように)
  • 第3楽章:アレグロ(快活に速く)
ゴシキヒワの鳴き声がよく再現されていますよね

クラーニャ

演奏を聴いてみよう

A. VIVALDI: «Il Gardellino» Recorder Concerto in D major Op.10/3 RV 428, I Barocchisti